本文へスキップ

静岡県のベンチャー企業、西光エンジニアリング株式会社です。

TEL. 054-636-0311

〒426-0041 静岡県藤枝市高柳3丁目30-23

会社説明CONCEPT

経営目標

知財を優先するマイクロビジネス型企業を目指します。
マイクロビジネスの定義

利発で私生活を大事にする頭脳的な小集団、技術的に先端
を走り、大きくなる事を前提としない地域企業。

                           (琉球大学 翁長健治著「地方の未来エンジン」


代表取締役メッセージ

CEO

 西光エンジニアリング株式会社は、企業組合型小規模中小企業集団の中心となる企業で、参加する企業の多くが株主となっています。参加企業は、建築・鉄工・機械加工・ソフト開発・電装・電気工事・配管工事と多岐にわたる研究開発集団です。専用機の開発や商品開発など常に最先端の技術をもってお客様のご要望にお応えできる体制を整えております。

代表取締役 岡村 邦康


会社の概要


名称 西光エンジニアリング株式会社
住所 〒426-0041 静岡県藤枝市高柳3丁目30-23
電話 :054(636)0311(代)
FAX:054(635)5005
E-mail:seiko-eng@kcf.biglobe.ne.jp
代表者 代表取締役 岡村邦康
資本金 1,500万円
設立年月日 1987年(昭和62年)10月
従業員数 9人
関連会社 株式会社 沖友


事業の内容


 焙煎設備
1.麦茶、玄米用焙煎装置
毎時1トンの焙煎能力を持ち、数値管理により未経験者でも操作できます。
<その他焙煎工場の付随する設備も設計・製作致します。>
・原料選別装置
・冷却装置
・集塵装置
・ブレンド装置
・麦茶分包機に付随する設備
2.多目的焙煎装置
毎時500kgの焙煎能力を持ち、数値管理により未経験者でも 操作できます。
1) 緑茶及び健康茶の火入れ、殺菌、焙煎設備の開発、設計及び製作
2) 茶の粉砕品の焙煎設備の開発、設計及び製作
粗砕後の焙煎により、最終形態での火香の決定が可能となります。
<焙煎品の例>
・粒状品 麦、玄米、ゴマ、大豆、コーン、コーヒー、ハト麦等粒状品
・リーフ状品 杜仲茶、緑茶(火入〜ほうじ茶焙煎、殺菌)、紅茶(殺菌)
・粉砕品 緑茶、紅茶、ウーロン茶、杜仲茶、
各種の健康茶の原料(センナ、ヨモギ、熊笹、ハブ茶、レイシ、ビワの葉、柿の葉、アガリスク、椎茸、クコ葉等)

 ニッチ業界向け専用機
専用機の開発や省力化装置の計画及び開発を行っています。
1.他品種のブレンダー 他品種を確実に配合するブレンダーの開発
2.色彩選別装置 カメラを用いて色彩による選別を行う装置の開発
3.音差選別装置 衝突音の周波数による選別を行う装置の開発
4.包装関係の設備 原料供給、包装後処理装置の開発
5.専用機の開発 小生産アイテムの専用機の開発

 塩蔵モズク設備
沖縄県の漁業協同組合様の御依頼により、モズクの処理プラントの開発、設計及び製作を行っています。
製作する機種は下記の通りです。
・洗浄装置
・搬送装置
・水切脱水装置
・目視選別装置
・計量充填装置
・攪拌混合装置(ミキサー)
・熱処理装置
・殺菌装置

 乾燥設備
 従来からの特殊乾燥設備の設計・製作の他に、「新連携事業計画」の認定を得て新たにマイクロ波加熱を併用する乾燥機の設計・製作を行っています。
1. 除湿乾燥機 20〜50℃
2. 熱風乾燥機 40〜80℃
3. マイクロ波加熱併用乾燥機 40〜80℃
4. マイクロ波減圧乾燥機 40℃以下

 生モズク(無塩蔵モズク)
宮古島漁協との「農商工連携事業計画」の認定を得て、塩蔵しない生のモズクを食卓にお届けします。
1. 生モズク
2. グリーンモズク
3. 半生モズク

 関連会社渇ォ友との連携
渇ォ友が試作した新商品を、弊社は渇ォ友と連携して機械化及び量産化装置を開発して商品化します。現在は、渇ォ友が認定された「地域産業資源活用事業計画」で連携しています。


関連会社

株式会社 沖友

バナースペース

西光エンジニアリング株式会社

〒426-0041
静岡県藤枝市高柳3丁目30-23

TEL 054-636-0311(代)
FAX 054-635-5005mail