本文へスキップ

静岡県のベンチャー企業、西光エンジニアリング株式会社です。

TEL. 054-636-0311

〒426-0041 静岡県藤枝市高柳3丁目30-23

グリーンモズクGREENMOZUKU

『沖縄グリーンもずくん』を実現
『沖縄グリーンもずくん』の有効成分
『沖縄グリーンもずくん』の懐石膳
お買い物は株式会社沖友まで

いままでのモズクは?



沖縄のきれいな海で育ったモズクは県内の漁協で塩漬けにされた原料で出荷されます。
全国の問屋では、塩抜きしてから三杯酢などで味付けして商品となります。

しかし、塩漬けと塩抜きを行うことにより、“ぬるぬる”に代表されるモズクの有用成分の多くを消失しています。

そこで、塩漬けや脱抜きを必要としない緑のモズク『沖縄グリーンもずくん』の開発に携わり、商品化に成功しました。




 
従来のモズク
沖縄グリーンもずくん
濃い褐色 鮮やかな緑色
食感 歯ごたえが無い 良い歯ごたえ
有用成分量 大量に消失 消失はごく少量
流通方法 常温輸送 冷凍輸送
塩分量 塩漬けによる高い塩分量 塩漬けしないので無


【塩漬けの弊害】


  • 分析の結果から、塩漬けにより多くの有用成分が失なわれています。
    (これは、塩漬けによりモズクの表面に出た「ぬるぬるヌメリ」が塩抜きにより流されてしまうことが原因です)
  • 塩漬けにしたモズクは、塩がモズク内部に浸透しますので塩分は高くなります。
  • 塩漬けすることなく冷凍で流通する『沖縄グリーンもずくん』は、有効成分はほとんど失われませんので、とれたてのモズクといえます。
  • モズクは栄養学的には塩漬けは避け、冷凍での流通とするべきです。






私達は、これからのモズクの方向として、有用成分をほとんど失わない『沖縄グリーンもずくん』を新しい食材の一つとして提案します。




自然の緑色と、歯ごたえのある食感『沖縄グリーンもずくん』を、ぜひ一度ご家庭でお試し下さい。
海のそうめん

モズクの“ぬるぬる食物繊維”

モズクは、独特のぬるぬるした「ヌメリ」のある褐藻類で、多くのミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウム)や人の消化酵素では分解できない難消化性、難吸収性の多糖類を多く含んでいます。

モズクの生理活性作用(特に抗潰瘍作用、免疫賦活作用)は、“ぬるぬる食物繊維”の部分に多く存在するもので、すでに機能性食品としての有効性が確認されています。
  • 特に胃ガンやアトピー性皮膚炎のいわゆる免疫不全症患者に対しては有効であると共に、ダイエット食としても有効です。
     
  • また、最近の研究では、“ぬるぬる食物繊維(粘質多糖類)”にダイオキシンを吸着して排出する作用があることが明らかになりました。


これらのモズクの持つ機能性を損なうことなく、総てを有効に利用する目的で作られた商品が発想から誕生した製品が、“ぬるぬる食物繊維”がいっぱいの『沖縄グリーンもずくん』です。
とろろもずく もずくサラダ

次のページへ


バナースペース

西光エンジニアリング株式会社

〒426-0041
静岡県藤枝市高柳3丁目30-23

TEL 054-636-0311(代)
FAX 054-635-5005