乾燥設備





マイクロ波減圧乾燥機 世界初の乾燥システム sugokan(スゴカン)

特許第5480832号

九州工業大学と共同研究:色や香りを損わない減圧乾燥システムの実用機

素材の持つ色彩、香味、風味をそのままに、しかも省エネでの乾燥を実現!!
sugokanリンク
真空凍結乾燥よりも生に近い色彩、風味、香気、栄養価を損なうことがありません!

有用成分(酵素、酵母、乳酸菌など)は生かしたままの乾燥が実現!

便利・安全・健康な食材として新感覚のドライフードを生産します!

素材の味そのまま、地産地消活動や六次産業化に活用いただけます!
マイクロ波減圧乾燥と真空乾燥炉との比較表
マイクロ波減圧乾燥と真空乾燥炉との比較表

★ユーザーのニーズに応じて個別設計・製作いたします★
★乾燥テスト、少量での委託乾燥を常時受付いたします★

個別設計・製作、委託乾燥のお申込み・ご相談はこちら
054-636-0311


マイクロ波減圧乾燥によるイチゴの乾燥までの含水率と出力、温度変化
含水率
含水率変化

出力-温度変化
出力-温度変化



マイクロ波減圧乾燥と他の乾燥方法との比較

真空凍結乾燥よりも良質な乾燥物を、設備費・乾燥費ともに省エネルギーで乾燥します。

【マイクロ波減圧乾燥】

【真空凍結乾燥】

【熱風乾燥】
※比率はマイクロ波減圧乾燥のデータを[1]とした場合の比率を表しています。
参考文献:福岡県工業技術センター

地域資源の野菜やフルーツを活用して新感覚ドライフードに
ドライフード
フレーバー
粉砕して紅茶や緑茶にブレンド。色と香りを楽しむフレーバー茶に!

ドライフルーツ
ノンフライ、無加糖の新感覚ドライフルーツ!

船食・非常食
膨化乾燥で水戻し不要。船舶用食材や非常食などに!

健康茶の原料
素材の味そのまま、地産地消活動や六次産業化に活用いただけます!

製菓原料
乾燥イチゴチョコレート、ケーキ、パフなどの材料に!
トマト
トマト
バナナ
バナナ
みかん
みかん
商品
商品販売はこちら>>
※ご覧の端末によってはリンク先が閲覧できない場合がございます。



マイクロ波加熱を併用する乾燥

マイクロ波併用乾燥メカニズム
図1.マイクロ波併用の乾燥メカニズム

熱風乾燥との比較
図2.従来方式(熱風乾燥)との比較


(1)熱風乾燥では乾燥品の表面から乾燥が進み、しだいに表面が硬くなって乾燥は遅れます。
※図2の黒の曲線の点線から遅れます。

(2)この時点でマイクロ波を使い、乾燥品の内部水分を外側に押し出して水蒸気(図1.緑)とし、この水蒸気を熱風で取去り乾燥を進めます。
※図2の赤の曲線となり、短時間で乾燥は終了します。


マイクロ波紙管乾燥機
特許第4875543号
紙管乾燥機
「マイクロ波が紙管を貫通する」特徴を使います。
熱風乾燥中の併用で、短時間で乾燥変形が全く無い紙管乾燥を実現しました。
[従来方式]
・5~6日の自然乾燥の後で出荷
・熱風乾燥機で乾燥12時間程度で乾燥できますが、紙管が乾燥変形が生じます

[導入後]
・20~30分の連続乾燥で出荷
・乾燥変形は生じません

[メリット]
・乾燥の作業員を削減します
・自然乾燥の場所が不要です
・自然乾燥中の在庫数を削減します
 自然乾燥中の紙管数量:約20万本
 金額:20万本×250円/本=約5千万円
・不良率が低減します
 曲りや歪みが無く、不良率を約3%低減します
 ⇒ 得られる利益:約25万円/日

【マイクロ波紙管乾燥機の仕様】


マイクロ波トレイ乾燥機
トレイ乾燥機
【マイクロ波トレイ乾燥機の仕様】


マイクロ波帆立貝柱乾燥機
特許第4749357号

「マイクロ波が短時間で貝柱中の水分を拡散」する特徴を使います。
熱風乾燥後の保管を短縮し、歩留を改善して乾燥日数を半減します。
熱風乾燥後の貝柱は木箱に密閉し、2日ほど保管して貝柱の水分を均一にします。
保管をおろそかにすると「ガサ玉」となって歩留や品質を損ないます。
[従来方式]
・熱風乾燥・天日乾燥・保管を繰り返し、40~60日程度で乾燥します
・その都度貝柱を人手により、それぞれの容器に移し替えます

[導入後]
・熱風乾燥とマイクロ波加熱を繰り返し、20日程度で乾燥します
・貝柱は乾燥終了まで同じトレイで作業、移し替え作業は不要です

[メリット]
・天日乾燥や移し替え作業の作業員を削減します
・歩留の改善⇒0.25%
 歩留改善の利益(日20トン処理)
 1日:50kg×1万円/kg=50万円
 1年:100日稼動で約5千万円
・衛生的な乾燥を実現します
 工場内作業と人手に触れない作業で衛生的な乾燥を実現します


マイクロ波モズク乾燥機

「マイクロ波が水分により作用」する特徴を使います。
熱風乾燥の後、乾燥していない部分を短時間で完全乾燥します。

[従来方式]
・熱風や冷風乾燥により、12時間以上で乾燥します
・目視検品で未乾燥部分(ヌメリの多い部分)を切取り廃棄します

[導入後]
・熱風で3時間乾燥します
・次にマイクロ波乾燥を行います
 マイクロ波は未乾燥部の水分に作用し、10分程度で完全に乾燥します

[メリット]
・作業員の削減(目視選別、未乾燥部の切取り)に繋がります
・乾燥コストの低減⇒乾燥時間を12時間から3時間に短縮します
 年間の乾燥コスト低減:約2千万円の節約になります
・歩留改善⇒完全乾燥で廃棄はありません
 年間の利益:6百万円
・衛生的な乾燥を実現します
 マイクロ波の殺菌効果と完全乾燥で衛生的な環境を実現します



既存事業の乾燥機


除湿乾燥機

熱風乾燥機