新規事業


CNFセルロースナノファイバー溶剤を濃縮する技術を開発


今注目されるCNF

【CNFって?】
パルプなど繊維をナノ化させた植物由来の新素材

【特徴】
・生産、廃棄における環境負荷が小さい
・リサイクルが容易な再生可能資源である
・軽量・高強度・・・鉄の5分の1の軽さで鉄の5倍の強度
・温度変化に伴う伸縮がない
・透明性が高くナノセルロースから作ったフィルムは光を透過
・ナノセルロースで作った膜は酸素などのガスを通しにくい

今までのCNF

現在は、のり状のCNF溶液に含まれるCNFは1~2%程度と、ほとんどが水の溶液で提供・利用されている状態。
そのため輸送と保管コストの低減が課題となっていた。

西光エンジニアリングが技術開発

CNF溶剤を濃縮する技術を開発。水分を低温で蒸発させ、成分変化なく短時間での濃縮を可能にした。
運搬・保管のコストを削減はもちろん、多彩なCNF活用可にも大きく期待されている。
マイクロ波減圧乾燥法の技術を応用し、CNF溶剤全体を加熱。さらに庫内を真空近くまで減圧することで水分を低温で蒸発させ、成分変化なく濃縮が可能。
既に10%までの濃縮に成功している。

今後の事業展開

・量産型の濃縮装置の実用化と濃縮CNFの商品化をめざす
・数十㎏単位のCNF濃縮装置を開発し関連企業への販売を目指す
・自社で濃縮CNFを生産し販売する
・CNF水溶液を薄めずに高濃度のまま使用するニーズに対応する